2011年02月06日

ラーメン大好き山田さんが一番モテる理由

女性をゲットするというのはどういうことなのか?というと

1.興味・関心を持ってもらう。
2.会話やメール、デートなどによって好感度をさらに高めていく。
3.好感度がかなり高まったところでホテルに誘ったり、告白したりする。

というのが僕の考えかたです。

稀に例外はあるかもしれないですが、彼女を作るのでもセフレを作るのでも、このへんの流れは共通なのではないかなと思います。


いいかえると、何らかの理由で興味・関心を持ってもらえなければ好感度を高めていきようがありません。

だから会話やメールも盛りあがりにくいだろうし、デートに誘ってもOKされにくいはずです。

(仮にデートに行けたとしても、興味・関心が薄いぶん会話の盛りあがりに限界がある。)

そうなると告白したりホテルに誘ったりするところまで行かずに終わったり、仮に告白とかしたとしても、うまくいかずに終わる可能性がかなり高くなるわけです。


当然といえば当然のことです。

しかしこの『女の子に興味・関心を持ってもらう』という部分の意識が弱い人が、けっこう多いのではないか?と僕としては思っています。


たとえば合コンに4人の男性が居たとして、それぞれの自己紹介が

1人目:「はじめまして、鈴木です」
2人目:「はじめまして、中島です」
3人目:「山田です。ラーメン食べ歩きが趣味で、都内のラーメン屋はほとんど行きました!」
4人目:「はじめまして、佐藤です」

だった場合、女の子の印象に残りやすい、言いかえればインパクトを与えられるのはラーメン食べ歩きが好きな山田さんです。


わかりやすくなるよう極端な例を書きましたし、山田さんが「ラーメンばっかり食べてるデブ」ではなく、清潔感のある印象を女性に持ってもらうことができてるならば、という前提条件はつきますが、

インパクトが他の男性よりも断然大きいぶん、好感度を大きくしていける可能性もまた、山田さんが一番大きいはずです。

(「わたしは鈴木さんのほうがいい」みたいなマニアックな女性もたまに居るかもしれないですが。)


しかし恋愛で悩む男性は、鈴木さん、中島さん、佐藤さんのように【目立たない存在】になってしまってるケースがすごく多いのではないかと思っています。

合コンにかぎらず出会いパーティとかでも、あるいはそういった出会いの場所じゃなくて職場とか学校とかカルチャースクールとかでも、あまり目立たない存在になってる可能性は高いと思います。

出会い系などネットの出会いでも、これは同じかなと。


それはなぜかというと『女の子に対して強いインパクトを残し、興味・関心を持ってもらう』という部分が弱いからということになるのですが、

都内のラーメン屋はほとんど行った、みたいなすごい事をやらなくても自分の存在感を他の男性たちよりも大きくすることはできます。


誰でも自分の特技や好きなこと、ハマっている事の1つや2つは必ず持っているのではないかと思うのですが、

それらをどう見せれば、どういう風に表現すれば女の子の興味を引きつけられるか?を考えるだけでもだいぶ違ってきます。

「俺は女の子ウケするネタなんてもってないです」と思う人も少なくないかもしれないですが、女性に対するアピール方法が分かっていないだけ、というケースもけっこうあるのではないかなと。


このへんは奥の深い話でもあるので、突き詰めれば突き詰めるほどむずかしくもなっていくのですが、

とにかくまずは

『女の子に対してインパクトを残し、興味・関心を持ってもらう』
『それによって”その他大勢”から抜けだす』

この意識を持つだけでも、だいぶ変わるのではないかと、僕は思います。
posted by masa at 19:57 | Comment(0) | 恋愛全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事が役に立ったと思われたら、こちらをクリックしてランキングアップにご協力いただけるとありがたいです!↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

2011年02月03日

「モテ男の会話術」とはいかなるモノなのか

最近『「モテ男の会話術」とはいかなるモノなのか』という記事を見たのですが、

http://career.cobs.jp/level1/yoko/2011/01/post_860.html

その中にこのようなものがありました。


■「自分の経験を話すときに、良い部分ばかりでなく失敗談なども
 面白おかしく織り交ぜて話してくれる人。
 自分の成功話だけを自慢気に話す人とはあまり一緒にいて良い気分がしないです。
 等身大のその人を知りたいし、自分の失敗談も屈託なく話せる人は
 すてきだと思います」(28歳/医療)


たいていの人は自分をよく見せようと思って失敗は隠したがるものですし、好きな女性との会話ではなおさらそうなるかもしれないですが

そこであえて自分の失敗を話すことができれば、少々の失敗は気にしないという強さ、頼もしさなどのアピールにつながるというのは、確かにあるな!と思いました。


といっても、基本的に楽しくて明るい話題が多いなかに、たまにそういう話が出てくるからいいのであって、

暗い話題や失敗談・否定的な話が多いと、かえって「グチっぽい」とか思われるなど印象が悪くなるはず・・・というのは注意点だと思います。


あとは、極端にいうと

「会社にいく途中トイレを我慢できなくてもらしてしまった」
「彼女に振られたとき一ヶ月立ち直れなかった」

など、笑って流せない失敗談などを話されても、女性はどうリアクションしていいか困ってしまうはずなので、これも注意点かなと思います。


だから失敗談を話すときには、基本的には「軽く笑いながら話せる」という範囲にとどめておいた方が無難かなと。


なおその際、たとえば「会社の仕事で失敗してヘコんだ」だけで終わるのではなく、

「失敗を通してこういうことを学べたから良かった」などのようにプラスの方向の締めるようにすると

『逆境をバネにできる人だ』と思ってもらえるなど、さらに好印象につながりやすくなるのではないかと思います。
posted by masa at 14:16 | Comment(0) | 女性との会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事が役に立ったと思われたら、こちらをクリックしてランキングアップにご協力いただけるとありがたいです!↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

↓メルマガ登録で、このブログの最新記事をチェック!



ブログには書かない極秘ネタをポロっと書いちゃうことも多いので必見です。



☆会話について、さらに深くて高度なことを知りたいあなたはこちら

7日間集中・無料プチ腹黒恋愛術セミナ

「女性のプライベートを丸裸にする”ある一言”」など、女性との会話力をグンと上げるための記事が満載の無料セミナです。


【サイトマップ】

・恋愛基本編
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。