2010年10月29日

”喋らずに女性に惚れられる方法”を上手く使うコツ

心理学を織り交ぜながら、好きな人に好かれる方法や、
好きな人と上手くやっていく方法についての理論?を探求します。
きっと貴方の【恋愛力】がUPしますよ。。。

◆心理から見た「好きな人にモテる方法」 ↓↓ご登録はこちら
http://archive.mag2.com/0000140058/index.html

#######

僕の友人である”癒し系セフレハンター”ヒトシは、合コンを年に100回以上やっているわけですが、

ある時にやった合コンの参加者の中の1人に『モテるためのマジック』をがんばって勉強しているMさんという男性がいました。

何かマニュアルを買ったのか、そういうのを教えてる人に直接習ったのかは分かりませんが、

女の子のウケをとりインパクトを与える、などの目的のためにがんばってマジックを勉強していたそうです。



Mさんのやるマジックは、たしかに面白かったそうです。

じゅうぶん女性のウケをとりインパクトを与えることができそうでした。


しかしヒトシさんがMさんのマジックを見たときは正直引きましたし、それは女性陣も同じだったそうです。

なぜか??



合コンは(オフ会も同じですが)基本的に見知らぬ人たちどうしが集まります。

だから最初のうちはみんな緊張して、雰囲気がカタいことが多いです。


なので、いかに早くみんなの緊張を解いて場の雰囲気を暖めるか?というのが重要で、僕の感覚からいうと最初の10分〜20分くらいが勝負なのですが、

それに成功すればお酒が入ることもあり、よほど話が合わないもの同士が集まってるとかでないかぎり、あとは勝手に盛りあがっていきます。


でもMさんはマジックをやるタイミングが、あまりにも早すぎました。

まだ乾杯もしてないし、それどころか世間話すらもほとんどしてない『座席にみんなが座ったばっかり』くらいの段階で、

いいかえれば場の雰囲気が暖まってない、みんなの緊張レベルがかなり高いときに、いきなりマジックを披露しはじめました。


でもまだみんな緊張してるので「わーすごい!」とか、素直に驚きを口に出すことができません。


どこの誰かも知らない人がいきなりマジックをやりはじめても「え??この人いきなり何をはじめるの?」と驚くのもあるかもしれないし、

『どうやるんですか?』と聞いていいのか、ただ驚いてたほうがいいのか、相手の求めるリアクションもよく分からないというのもあるかもしれないですが、

とにかく”おお〜”というくらいの反応はあるけれども、それでドッカンドッカン盛りあがる、というレベルまではいきませんでした。

これが、お酒が入ってきて気分がほぐれて、Mさんがどんな人なのかがあるていど分かってきてからマジックを見たならば、スムーズに盛りあがったのかもしれないですが。


ヒトシさんは、いちおう「おおー、すげぇ!」とか言いながらも内心は『タイミングが早い、早い!』と思ってたそうです。

さらにMさんは何かを燃やすマジックも披露しはじめたのですが、それについてもヒトシさんは『おいおい、今度は燃やし始めたよ・・・』とか思ったそうです。



けっきょくMさんはマジックを使うことだけを考えていて、それをどんなタイミングで使えばいいのか?まで頭がいってなかった、ということになるんだと思います。

そういうことを教えられていないのか、教えられていたとしても理解できていなかった(だからいずれ理解する)のかわかりませんが、

使うタイミングまで頭がいかなかったのは

『女の子をスムーズに落とすという目的で使うもの』というのがスッポリ抜けおちていたから、というのは大きいのかなと思います。


あるいは、そこまで考えたうえでマジックをやったならば、使うタイミングが乾杯前だったとしても、場の雰囲気を暖めるのに役立ったのかもしれません。



そしてマジックにかぎらず、どんな恋愛ノウハウを学ぶにしても女の子をスムーズに落とすために使うという目的を忘れてしまい

ノウハウを使うことだけに集中してしまってる人というのはけっこう多そうな気がします。


なのでどんなノウハウを使うにしても

「目的はスムーズに女性を落とすことであり、場合によってはそれを使わなくても良いケースもあるかもしれない」

というのを頭に置いとくと良いのかなと思います。



そして、僕の友人のメルマガ発行者さんである鷲津さんは、メルマガでこのように言ってるのですが

(ここから)

『(食事の)マナーを学ぶ』のは、とっても大事なことだと思います。
でも、もっと大事なのは、そういうスキルを【執らわれずに使いこなす】ことなんですよ。

例えば、ある場面では『ここでは、マナーとしては○○と振る舞うべきだがあえて図々しく△△という行動に出る』っていう感じで。

(ここまで)

今日僕が書いたのと同じような意味なのかなと思います。


なお鷲津さんのメルマガはこちらから購読できますので、興味ある方はぜひ読んでみてください


心理学を織り交ぜながら、好きな人に好かれる方法や、
好きな人と上手くやっていく方法についての理論?を探求します。
きっと貴方の【恋愛力】がUPしますよ。。。

◆心理から見た「好きな人にモテる方法」 ↓↓ご登録はこちら
 → http://archive.mag2.com/0000140058/index.html
posted by masa at 18:05 | Comment(0) | 恋愛全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事が役に立ったと思われたら、こちらをクリックしてランキングアップにご協力いただけるとありがたいです!↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

2010年10月11日

完璧主義なあなたにネットナンパ達人がオススメするノウハウ

今日は、僕の友人であるSaiさんが書いた記事をご紹介いたします。

SaiさんはFRIDAY・SPA!・週刊プレイボーイ・sabraなどの有名雑誌や、漫画「だめんずうぉ〜か〜」に、恋愛ノウハウの先生として何回も登場しているという方なんですが、

SaiさんのWebサイトはこちら

今日はそのSaiさんに、ネットでの出会いがうまくいかない人の共通点と、その改善方法について語ってもらいます。


このメルマガ読者さんの中には、Saiさんの言ってる例にあてはまる方がわりと居るのではないかなと思っています。


(Saiさんの記事、ここから)

■「なにがなんでも」心理VS「ダメでもともと」心理

ネットナンパだけに限った話ではないんですけどね、何かをやろうとしたときに「効率化を図る」というのはすごく大事です。

んで、その「効率化を図る」というのは分かりやすく言うと「少ない手数で成果をあげる」ということになってくるワケですが・・・

この考えかたって、ちょっと間違えるととんでもない失敗スパイラルを呼びこんでしまうので要注意なんです。


今回は、けっこういい加減の方が人って成長するし成果もあがるんですよっていう、そんなお話です( ・ω・)σ


■有名な小話から考える

ある有名な評論家Aさんが大勢の観客の前で講演をしていたんですが、観客のうちの一人が「ゴホン」と咳ばらいをしたとたん、ペラペラしゃべっていたのが一発でしどろもどろになっちゃいました。

ちなみにそのとき咳ばらいをしたのは、その評論家が学生時代にたいへんお世話になった先生だったんです。

先生は何気なく咳ばらいしただけだったんですが、評論家Aさんは(どうして先生は咳をした?どこか間違えてしまっていた?)と心配になってしまって、完全にあがってしまったと。


ところが、同じ先生を恩師に持つ評論家Bさんは、同じように先生に咳ばらいをされても、まったく動じずに講演をやりきりました。

さて、評論家A と 評論家B の差ってナニだったでしょう?



・・・というお話なのですが、

評論家Aの方が、

・ふだんからマジメな努力家で完全主義的な考え方
・他人に失敗をみせたくないという意識が強い

という特徴があったんですって。
(ちなみに評論家Bさんはとっても楽観的な考えかたの持ち主)


ふつうはAさんのような意識が強いほど良い成果をもたらすんですけどね、
あまり強すぎるとそれが原因でつまづいてしまうことも多いワケ。

たとえば交渉事なんかはこれがよく当てはまってですね、

「何がなんでも契約にこぎづけなくては!」ってぐあいに思いつめて仕事をすると、緊張感が強くなりすぎて逆にうまくいかないことが多かったり。


それに対して、「うまくいったらもうけもん!」ぐらいの軽い考えでものごとを進めたほうが、「(何だか余裕のある人だなぁ、安心するなぁ)」って相手に感じてもらえて断然スムーズに話が進んだりするものです。



んで、これはネットナンパでも同じことが言えて、初心者ほど

「恥をかきたくない。失敗したくない。なんとかうまくやろう。」

って考えて、自分自身に余計なプレッシャーを感じてガチガチになってしまいがち。


失敗することを恐れてばかりいては、いつまでたっても成果への道は見つけられませんからSaiこれはオススメしません。

ところで人間には、

【ふだんやり慣れていることをする時は、自信を持ってできるので失敗しない】

という傾向があるので、うまいことこのレベルまで自分を持っていくことができればしめたものですね(^-^)


それじゃあどうすれば良いかというのを分かりやすく野球に例えると・・・

4割の確率でヒットを打てるバッターが居たとして、
この人が倍の打率、つまり10球のうち8球をヒットにしようとすると
本当に大変・・・どころか、力みすぎて今より打率は下がっちゃうかも。

もうね、いきなりの効率化って本当に難しいものです。

だからどうするか。


打率はこの際おいておいて、
10打数4安打。20打数8安打。・・・100打数40安打!

というように、まずは安打数に悦びやら達成感を感じてたんたんと繰りかえすのが成功の近道だと、Saiは思います。


そうすると「質は量の中から生まれる」って言葉のとおり自然と慣れで打率って上がっていくものだと思うわけです。

(もちろん限界はありますけどね、脱初級者のためにはこれがイチバンかと)


ということで、男女関係やネットナンパは、

◆ほどほどにいい加減な気持ち(=リラックス状態のダメもと精神)で、
数を打つことを楽しんだ方が成果が出やすい&上達しやすい。

というのを覚えておいていただきたいなぁと思う次第です。

口ぐせは「ダメもとダメもと(^-^)」でまいりましょう!



■ネットナンパへの応用の仕方

「イイ加減にイイ具合のダメもと精神」のメリットを受けるために、
例えば以下みたいなことをぜひ実践してみてください。


◆出会い系サイトを始めるとき・・・

もしあなたが

(出会い系サイトなんてよく知らないし怖いなぁ・・・)
(ていうのがどのサイトが一番出会えるのかなぁ・・・)

なんて言って足踏みしてる人だったら、

・完全無料のサイトは、フリーメールアドレスを取得してから
実際に登録して、実際に女の子へのコンタクトを試してみて下さい。

→種をまくから芽が出るんですよ。ダメもとダメもと!
ちなみに無料のサイトは本当に無料なので、「ダメ」たって損はしませんよ

・Saiが紹介しているポイント制サイトは、定期的にポイントをプレゼントしてくれますので、プレゼント分だけで実際に女の子へのコンタクトを試してみてください。

→種をまくから芽が出るんですよ。ダメもとダメもと!
ちなみにポイント制サイトは登録しても振り込まなきゃ本当に無料なので、「ダメ」たって損はしませんよ


◆女の子とメールをしているとき・・・

・「安定してやり取りしている異性を3人キープする」てのをノルマにしてみてください。

→「断られてもいいや、そんなに焦ってアポらなくていいや」っていう心の余裕がちゃんと異性に伝わって、逆にアポへの近道になると思いますよ
(騙されたと思って、このノルマを自分に課してみてください。)


◆女の子と実際に会ったとき・・・

・とにかくこれは数を重ねてみましょう!
ダメもと精神アポ千本ノックを自分に課してみてください。

→異性との時間に慣れれば、自分で無用な壁をつくることがなくなって、
すごくリラックスして本来の実力が出せるようになりますよ

そういうくつろいだ雰囲気に女の子は弱いもので、
ピリピリした、何かを狙っているような緊張感のオーラを
ふりまいていたら女の子も怖くて逃げだしちゃいます

エッチする? あっしない? うんゼンゼンいいよ。
んじゃまたゴハンしよっか。 ところで・・・

ぐらい言ってのけちゃう自然体、これはとっても大切。


というように、

1.ダメもと精神でスタートしてみるから出会いにありつけて

2.ダメもと精神で複数の子にメールするから精神的余裕が出て

3.ダメもと精神で複数の子と実際に会うから精神的余裕が出て

4.繰りかえしの中で、量の中に質が生まれていく。

みたいな成功スパイラルに入っていきたいものですね。


そんなこんなで今回は、

実は成長の早い[いい加減なダメもと精神で数をこなすタイプ]に最初はなっておきましょう!

というお話でした。

(ここまで)


なおSaiさんが発行しているメルマガでは、サイト選びのコツやうまいメールの書きかた、出会った女性をすぐに落とす方法など、彼の持つノウハウが惜しみなく書かれてますので、

ネットでの出会いにご興味あるあなたはぜひ今すぐ購読してみてください。
posted by masa at 08:47 | Comment(0) | 恋愛全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事が役に立ったと思われたら、こちらをクリックしてランキングアップにご協力いただけるとありがたいです!↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

↓メルマガ登録で、このブログの最新記事をチェック!



ブログには書かない極秘ネタをポロっと書いちゃうことも多いので必見です。



☆会話について、さらに深くて高度なことを知りたいあなたはこちら

7日間集中・無料プチ腹黒恋愛術セミナ

「女性のプライベートを丸裸にする”ある一言”」など、女性との会話力をグンと上げるための記事が満載の無料セミナです。


【サイトマップ】

・恋愛基本編
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。