2011年03月12日

街灯や家の灯りが全部消えた、暗い住宅地で感じた不気味さ

東北地方太平洋沖地震による被災者の方々にお見舞いとお悔やみを
申し上げるとともに、ひとりでも多くの方が無事でいてくれるよう
お祈りいたします。

このメルマガを読んでくださっているあなたは、ご無事でしょうか?


なお、下記の情報は役に立つかなと思うので、ご紹介しておきます。

exciteの「地震関連情報、Twitter、TV、避難所情報のまとめ」
http://www.excite.co.jp/News/it_g/20110311/E1299844187560.html
mixiの「災害時のmixiのご利用について」
http://mixi.jp/release_info.pl?mode=item&id=1291


僕の住んでいる横浜でも激しい揺れが起こり、ビックリしました!

その時は自宅に居たのですが、揺れている間ずっと出続けていた
”キュッキュッ”みたいな音が不気味だなと感じつつ、

「いつまで揺れつづけるんだろう・・・」とすごく不安な気持ちで
いたのを、いまでも覚えています。

でも幸い、家具が倒れたりなどの被害はほとんどありませんでした。



しかし夜に、東京から帰れずにいる知人を車で迎えにいくことに
なったのですが、その時に被害の大きさを実感しました。

停電にともなう信号機の故障などもあり、幹線道路が渋滞で動か
ないことは分かっていたのですが、実際に出かけてみると混雑は
予想以上、カーナビに出ている情報以上で、

信号機の消えた交差点で交通整理をしている警官に混雑状況を聞いて
みると「全っ然(車が)動いてないよ」ということでした。


なので幹線道路をできるだけ使わないようにするため、細かい
路地などを使いながら大きく迂回しつつ目的地へ向かいました。

だから、停電によって街灯や家の灯りが全部消えた道路を通ることも
多かったのですが、その時にすごく不気味さを感じました。

電気が全くついていない住宅街があんなに不気味だとは、思っても
みませんでした。


信号機が消えていて、しかも交通整理をする警官も居ない、という
交差点もけっこうあったために、なおさら不安感が大きくなりました。

しかし目的地が近付くにつれて、だんだん点灯している信号機が
増えてきたのですが、

その時には「あ、信号がついてる!嬉しい!」と感じてしまいました。

信号機をみて嬉しい気分になったのは、生まれて初めてです(笑)



あと目的地も、今までに行ったことの無い場所なために

「大渋滞や交通規制などによって、カーナビの指示どおりに行けない
ということが無いか?」

などが心配だったのですが、おもいっきり遠回りしたのが良かった(?)
のか、渋滞に巻きこまれることはありませんでした。

もしかしたら時間的には、渋滞に巻き込まれながら行くのと、あまり
変わらなかったのかもしれませんが(^_^;


ちなみに感心(?)したのは、信号機がついていなくて、しかも
交通整理の警官も居ないという交差点がいくつもあったのですが、

どの場所でも、みんながお互いに譲りあいながら車を運転していた
ことです。

東北地方などと違って、危機が目の前に迫っているわけではない、という
のもあったのかもしれないですが「譲り合い」の精神を多くの人が
保てているのはすごいな〜と思ってしまいました。



以上が、現在までで、僕がこの大地震で印象に残ったことです。

灯りが完全に消えた市街地を走っていたときに「電気が来なくなると
こんなにも大変なことになるのか・・・」と、すごく不安な気持ちに
なったことを、いまでも強く覚えています。


とはいえ、特に東北地方の被災者の方々に比べれば無傷に等しいです。

ですので改めて被災者の方々にお見舞いとお悔やみを申し上げる
とともに、ひとりでも多くの方が無事でいてくれるようお祈りいたします。
posted by masa at 23:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事が役に立ったと思われたら、こちらをクリックしてランキングアップにご協力いただけるとありがたいです!↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

2010年06月16日

いろんな知識を仕入れて女の子との会話ネタを増やす

女の子とおたがいにまだ親しくないうちは「沈黙の時間」というのがお互いにけっこうツラいものです。

そんな時に「話の切り口」をいろいろ持っていることは、気まずい思いをしないため、気まずい思いをさせないための強力な武器になります。


また、話題の切り口が多ければいろんなタイプの女の子と話をあわせられます。

世の中にはいろんな趣味・好みを持った女の子がいます。

だからいろんなの女の子と共通の話題を持てる=出会いの確率がそれだけ高まるのです!


とにかく話のきっかけさえ作ってしまえば、あとはなんとかなります。

仮にあなたがあまりしゃべらない人だとしても、話題を振ればあとは勝手に相手が話を展開させてくれます。

ポイントは質問することです。

例えば映画が趣味だったとしたら「どんな映画が好き?」とか「いつから見始めたの?」とか「最近見た中で一番感動したのは?」など考えだせばキリがありません。

そして相手の答えに対して「自分はこんな映画が好き」「最近はこんな映画を見て感動した」などと返してあげるのです。

自分の発した言葉の中に、彼女がピンとくるものがあればそこを起点にしてさらに彼女が何かを話してくれます。

そうこうしているうちに勝手に話は盛り上がります。
盛り上がってしまえばこっちのもの。


今までの経験から言うと、女の子と共通の話になりやすいのは本・テレビ・音楽・映画・スポーツ・旅行などの話かな、と思います。

あとポイントが高いのが「料理」。
料理好きな男というのはあんまりいません。

なおかつ「家事は男女が分担するのが理想だけど、実際は女の子がやっているケースが多い」という風潮があります。


そこへ「オレ、料理が好きなんだ」と持ち出せばたいていの女の子はあなたに興味を持ってくれます。

人とは違う、なおかつ女の子と共通の話題になりやすい趣味を持っていることは、女の子にアプローチする上でとても有効です。


ともあれ、とにかくいろんなことを体験するのが良いと思います。

うまくできる出来ないはさほど重要ではありません(もちろん、上手にできるにこしたことはありませんが・笑)。

「経験」が大事なのです。


例えばスポーツを例にあげましょう。

いろんなスポーツを経験したということは、当然それにまつわる成功談・失敗談など面白いエピソードが発生しているはずです。

これらをしゃべっていれば相当間がつなげますし、そこから相手の女の子が得意・やったことのあるスポーツの話へとつなげば、話に思い切り花が咲きます。

さらに!相手の女の子がそのスポーツをやったことが無くて、かつ興味を持っていてくれれば「今度いっしょにやろうよ!」という、次の展開への布石が打ちやすくなります。

あるいは「今度いっしょに観戦しに行こう!」というつなげかたもできます。


一緒に観戦するほうが敷居は低いですね。
これは映画にもいえることなんですけど、「二人で何かをやる」という行為は、お互いの距離を手軽にかつ確実に狭めてくれます。

「楽しかったね。また行こうね・やろうね」と、さらに交際を発展させていくことが可能になりますし、こういう「軽い」遊びは相手との相性を探る良い手段になります。


そういう意味では初デートは映画やスポーツ観戦とかが良いのかもしれません。

「友達」というスタンスで気軽にできる遊びなので、それほど盛り上がらなくても、こちらとしては「友達として誘っただけ」という建前のまま終わらることができるからです。

向こうも軽い気分でいますから、お互いに妙にぎこちなくなることはありません。


話はそれましたが、本を読む・いろんな体験をする、などを通してどんどん自分の世界を広げてみてください。

どんどん自分の人間性が磨かれていきますし、女の子との会話のストックも増えていきます。まさに一石二鳥!

「XX君っていろんなこと知ってるのね」と思って(言って)もらえることができればシメたもの。その時点であなたは他の男よりもリードしているのです!
posted by masa at 17:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事が役に立ったと思われたら、こちらをクリックしてランキングアップにご協力いただけるとありがたいです!↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

↓メルマガ登録で、このブログの最新記事をチェック!



ブログには書かない極秘ネタをポロっと書いちゃうことも多いので必見です。



☆会話について、さらに深くて高度なことを知りたいあなたはこちら

7日間集中・無料プチ腹黒恋愛術セミナ

「女性のプライベートを丸裸にする”ある一言”」など、女性との会話力をグンと上げるための記事が満載の無料セミナです。


【サイトマップ】

・恋愛基本編
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。