2010年10月14日

オジサンくさい40歳でもモテる技術

僕の友人の青木一郎さんという方が

「40歳からのモテる技術」という本を出版しました。
(書店とかで買える、普通の本です。)


40歳以上の男性が恋愛でぶち当る壁である

・おじさんくさい外見
・女性とのコミュニケーション不全
・慢性的な出会い不足

をいかにして解消するか?


「人としてまともじゃない」「キモい」と会社の同僚などからバカにされた、などの経験をバネにしながら、青木さんが身につけてきたモテる技術が詰まった一冊です。

もしあなたが40歳以上でモテないとお悩みなのであれば、ぜひ読んでみてください!

#######

恋愛では、女性との出会いを増やす「量」と、会話やメール・口説きの技術などを磨く「質」のどちらを重視するのがよいか?

これについては色んな人が、いろんなことを言いそうな気がします。


そしてもしこのメルマガをお読みのあなたが「質」の方を重視してるのであれば、

僕としては「量」をもっと増やすほうに意識を向けることも必要なのではないか?と思っています。


それによって、もしかしたら「自分は思ったよりも女性を落とすのが上手いじゃないか!」と自信がついたり、

今までよりもスムーズに恋愛力を伸ばしていくことができるようになるかもしれません。


それはどういうことなのか?

たとえば10人の女性と出会ったら3人を落とせる力を持ってる「打率が3割」の人がいるとします。


でも打率が3割といっても、

○10人と出会ったら、そのうちの3人落とせた
○さらに10人の女性と出会ったら、また3人落とせた
○また新たに10人の女性と出会ったら、また3人落とせた

というように、出会った数と比例して、落とせる女性の数がキチンと増えていくわけでも無いんだと思います。


たとえば極端にいえば

●10人と出会ったけど、1人も落とせなかった。
●さらに10人と出会ったら、今度はそのうちの2人落とせた。
●また新たに10人の女性と出会ったら、なんとそのうちの7人も落とせた!

のように偏りが出てくるというのは、よくあることだと思います。


女性と出会う数を増やしていくうちに会話などのスキルが上がってきたからとか、

たまたま最初のうちは相性の合いやすい女性と出会えなかったから、など色んな理由が考えられるわけですが、

これでも打率が3割であることに変わりはありません。



そしてもしこのメルマガお読みのあなたが、なかなか女性を落とせないと悩んでいるのであれば、

もしかしたら10人にアタックして1人も落とせなかったという時点で落ちこんでしまっている状況なのかもしれません。


でも、もしかしたら、さらに10人と出会ったら、今度はそのうちの2人を落とせるかもしれません。

そうなれば打率は2割ということになるわけですが、これは決して悪い数字ではありません。

さらに出会いを重ねていけば、もっと打率が上がるかもしれません。


だから本当はけっこういい打率なのに、10人にアタックして1人も落とせなかったということで「自分は0割バッターだ・・・」と悩んでしまっている、ということになります。

冗談に聞こえるかもしれないですが、でもこれと似たような状況になってる人は、意外と居るのではないかな?と僕は思っています。


ちなみに、なかには

「自分は面食いで、しかも女性の性格についての好みもかなりうるさい。だから好きになる人が現れにくい」

という方も居るかもしれません。


その場合、僕も似たようなところがあるので何となく分かるのですが、極端にいうと

『今アタックしてるこの女性をゲットできなかったら、もうしばらくチャンスがやってこない。だから失敗は許されない!』

みたいな気持ちになりやすいとい思います。


でも失敗は許されないと思ってカタくなればなるほど、成功が難しくなっていってしまうのですが、

そういう人であればあるほど、出会いを増やしていった方がいいのではないかと思います。

出会いを増やせば増やすほど、他にも1人か2人くらい、好きな人が現れる確率が高まります。

そうすればそのぶん「失敗は許されない」というプレッシャーも軽くなるはずです。



とはいえ、何も技術を磨かずに「当たって砕けろ」という感じで多くの女性にアタックしまくっていても成果が出にくいはずなので、どんどん疲れていってしまうと思います。


だから

・会話やメールを書く力、女性を口説く力などを勉強し、磨く。
・自分と性格的に相性が合いやすい女性と出会う方法を身につける。

などなどの「質」も同時に磨く必要があります。


なので理想的なのは

【質と量のどちらか一方ではなく、両方同時に磨く】

なのではないかなと思います。


しかし多くの人はどちらか一方に偏りがちで、このメルマガを読んでくださっている人は、

「まずは会話力とかを身につけて、女の子の前で恥ずかしい思いをしないで済むようにしてから、出会いを増やしていこう」

的な考え方をする人が少なくないような気がします。


そしてたしかに、会話力などが低い状態で女の子との出会いをガンガン増やせといっても無茶な部分があるので、それはそれで良いのですが

完璧に会話力を身につけてから・・・と肩に力を入れすぎるのではなくて少し勉強したら、それを実践するために出会いを増やす。


そこで、女性を落とすまではいかなくても「上手く会話できた」など何らかの成果が出たら自信につながりますし、

あるいは何か失敗をしたならば、その反省も踏まえながら、また勉強して再び出会いを増やしていく。


このようにした方が、女の子と出会う前にただひたすら勉強しているよりはスムーズに恋愛力を伸ばしていくことができるのではないかな、と僕は思っています。

だからあなたが「質」を高めていくことを重視してるのであれば

【”量”の方を増やすという意識も、できるだけ大きく持つ】

のが良いのではないか?と。



なお冒頭に紹介した青木さんの著著の中では、質と量についてこのように書かれています。

(ここから)

出会いにおいて「量」は非常に重要な要素です。

勝率が低くても、量が多ければ「下手な鉄砲も数打てば当たる」
となるからです。

40歳を過ぎると恋愛の勝率は低下する一方。
そのため、この考え方はさらに重要性を増すのです。


【勝率の低さを、量でカバーする。】

これが、40歳を過ぎたおじさんが恋愛で成功するための重要な戦略です。

(ここまで)


そして青木さんは著著の中で、出会いの量を効率的に増やしていく方法と、勝率をできるだけ高めていく方法の両方を、自分自身の経験を元にして

「いろんな意味で、ここまで書くか!」というレベルまで明かしています。

なのであなたが40歳以上のおじさんに当てはまるのであれば、ぜひ読んでいただきたいというイチオシの一冊です。
posted by masa at 13:04 | Comment(0) | 彼氏持ちの女を落とす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事が役に立ったと思われたら、こちらをクリックしてランキングアップにご協力いただけるとありがたいです!↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
↓メルマガ登録で、このブログの最新記事をチェック!



ブログには書かない極秘ネタをポロっと書いちゃうことも多いので必見です。



☆会話について、さらに深くて高度なことを知りたいあなたはこちら

7日間集中・無料プチ腹黒恋愛術セミナ

「女性のプライベートを丸裸にする”ある一言”」など、女性との会話力をグンと上げるための記事が満載の無料セミナです。


【サイトマップ】

・恋愛基本編
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。