2010年02月27日

ネットで超美女と出会うための僕の手法

僕はネットで女性と知りあったとき、実際に会うまでにできるだけ何回もメールのやり取りをするのが基本です。

女性からするとこちらは見知らぬ男性ですから、

「いい人そうだと思って会ってみたらすごく悪い男で、いきなり変なところに連れこまれて乱暴されたらどうしよう」

ぐらい強い警戒心を持ちます。


こういう心配は、男からすると自分の想像をはるかにしのぐほどに大きいものだと思っておくくらいでちょうどいいんじゃないかな、と思ってます。

だから実際に会うために飲みやお茶へ誘うなどしたときに、できるだけスムーズにOKがでるように、

何回もメールのやりとりをすることによって「本当に信頼できる人みたいだから安心して会える」と思ってもらえるくらい、警戒心をゼロまで近づける目的があります。


でもまぁここまでは当たり前というか誰でも言いそうなことなんですが、僕の場合は警戒心を弱めるのと同じかそれ以上に

『本当に好みのタイプの女性とだけ出会うために、メールを何回もやりとりすることによってフルイにかけている』という目的が強いです。

ルックスも性格もイマイチ好みじゃない相手と実際に会うことで時間をムダにするのがイヤですし、

こっちがそう感じるということは彼女の方もたぶん気持ちは同じなわけで、わざわざ時間を作ってもらったのに申し訳ないな、とも思うので。


ずっとメールのやりとりに付きあってくれて、しかも話の中身も面白いと思える女性であれば性格的な相性はバッチリだといえます。

だから一回あたりのメールも長めな方がいいので、ケータイよりはPCのメールのほうが好きですね。


しかも僕の経験上、そこまで性格が合う相手であればルックスレベルの方も高い場合が多いです。

超面食いな僕でも「かわいい」と思えるくらい。

内面をつねに磨いていれば、それは自然と外見にも影響してくるからかな、と推測しています。


もちろん例外はあります。

何回もメールやり取りした相手でもイマイチかわいくない場合とか、それほどメールをたくさんやりとりしたわけではないのに、ビックリするくらいかわいくて性格の相性もバッチリ合う子と出会ったこともあります。


でもそれはめったに起こらない事だと思っておいたほうがいいですし、仮にネットで会った女性が向こうから「会ってみたい」というようなことを言ってきたとしても、

てきとうに返事をはぐらかしておいて、自分のほうが彼女と会ってみたいと思えるまで、もうしばらくメールのやり取りをつづけるのが基本です。


それに向こうから会いたいと言ってきても、すぐにそれに食いついて「じゃぁいつ合おうか」みたいな話をすると、

とたんにメールが来なくなるなど、引いちゃう場合も少なくないですから。

自分から言いだしたのだとしても、実際に会うとなると急に「やっぱり怖い」という気持ちが強くなっちゃうのかもしれません。


でもいずれにせよ、ちょっとメールのやり取りをしただけですぐに「会おう」と誘うなどガツガツしたところを見せないから、かえって信頼を得やすいというメリットが確実にあるわけです。


posted by masa at 08:06 | Comment(0) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事が役に立ったと思われたら、こちらをクリックしてランキングアップにご協力いただけるとありがたいです!↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
↓メルマガ登録で、このブログの最新記事をチェック!



ブログには書かない極秘ネタをポロっと書いちゃうことも多いので必見です。



☆会話について、さらに深くて高度なことを知りたいあなたはこちら

7日間集中・無料プチ腹黒恋愛術セミナ

「女性のプライベートを丸裸にする”ある一言”」など、女性との会話力をグンと上げるための記事が満載の無料セミナです。


【サイトマップ】

・恋愛基本編
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。