2011年03月12日

街灯や家の灯りが全部消えた、暗い住宅地で感じた不気味さ

東北地方太平洋沖地震による被災者の方々にお見舞いとお悔やみを
申し上げるとともに、ひとりでも多くの方が無事でいてくれるよう
お祈りいたします。

このメルマガを読んでくださっているあなたは、ご無事でしょうか?


なお、下記の情報は役に立つかなと思うので、ご紹介しておきます。

exciteの「地震関連情報、Twitter、TV、避難所情報のまとめ」
http://www.excite.co.jp/News/it_g/20110311/E1299844187560.html
mixiの「災害時のmixiのご利用について」
http://mixi.jp/release_info.pl?mode=item&id=1291


僕の住んでいる横浜でも激しい揺れが起こり、ビックリしました!

その時は自宅に居たのですが、揺れている間ずっと出続けていた
”キュッキュッ”みたいな音が不気味だなと感じつつ、

「いつまで揺れつづけるんだろう・・・」とすごく不安な気持ちで
いたのを、いまでも覚えています。

でも幸い、家具が倒れたりなどの被害はほとんどありませんでした。



しかし夜に、東京から帰れずにいる知人を車で迎えにいくことに
なったのですが、その時に被害の大きさを実感しました。

停電にともなう信号機の故障などもあり、幹線道路が渋滞で動か
ないことは分かっていたのですが、実際に出かけてみると混雑は
予想以上、カーナビに出ている情報以上で、

信号機の消えた交差点で交通整理をしている警官に混雑状況を聞いて
みると「全っ然(車が)動いてないよ」ということでした。


なので幹線道路をできるだけ使わないようにするため、細かい
路地などを使いながら大きく迂回しつつ目的地へ向かいました。

だから、停電によって街灯や家の灯りが全部消えた道路を通ることも
多かったのですが、その時にすごく不気味さを感じました。

電気が全くついていない住宅街があんなに不気味だとは、思っても
みませんでした。


信号機が消えていて、しかも交通整理をする警官も居ない、という
交差点もけっこうあったために、なおさら不安感が大きくなりました。

しかし目的地が近付くにつれて、だんだん点灯している信号機が
増えてきたのですが、

その時には「あ、信号がついてる!嬉しい!」と感じてしまいました。

信号機をみて嬉しい気分になったのは、生まれて初めてです(笑)



あと目的地も、今までに行ったことの無い場所なために

「大渋滞や交通規制などによって、カーナビの指示どおりに行けない
ということが無いか?」

などが心配だったのですが、おもいっきり遠回りしたのが良かった(?)
のか、渋滞に巻きこまれることはありませんでした。

もしかしたら時間的には、渋滞に巻き込まれながら行くのと、あまり
変わらなかったのかもしれませんが(^_^;


ちなみに感心(?)したのは、信号機がついていなくて、しかも
交通整理の警官も居ないという交差点がいくつもあったのですが、

どの場所でも、みんながお互いに譲りあいながら車を運転していた
ことです。

東北地方などと違って、危機が目の前に迫っているわけではない、という
のもあったのかもしれないですが「譲り合い」の精神を多くの人が
保てているのはすごいな〜と思ってしまいました。



以上が、現在までで、僕がこの大地震で印象に残ったことです。

灯りが完全に消えた市街地を走っていたときに「電気が来なくなると
こんなにも大変なことになるのか・・・」と、すごく不安な気持ちに
なったことを、いまでも強く覚えています。


とはいえ、特に東北地方の被災者の方々に比べれば無傷に等しいです。

ですので改めて被災者の方々にお見舞いとお悔やみを申し上げる
とともに、ひとりでも多くの方が無事でいてくれるようお祈りいたします。
posted by masa at 23:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事が役に立ったと思われたら、こちらをクリックしてランキングアップにご協力いただけるとありがたいです!↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

これからの「日本の女」についての話をしよう

以前に、僕の友人である”癒し系セフレハンター・ヒトシ”が
こんなことを言っていました。

『これからますます、日本にはお股のユルい女が増えてくると思うんですよ』

と。


これはどういうことなのか?

たとえば最近は、ますます離婚率が上昇してきているわけですが、
それによって子供の頃に片親しか居ない状態になると、すごく寂しい
思いをする人が多いでしょうし、

「私が悪い子だから離婚しちゃったのかな、だからいい子にならなきゃ」
「お母さんを困らせないように、いい子でいなきゃ」

といった強い気持ちを持つようになるかもしれません。

ひとことでいえば、愛情に飢えるようになります。


離婚ではないとしても、長引く不況という理由もあり、子供の頃に、
家庭に何らかの問題があった女性がどんどん増えてくると可能性が
高いと思います。

そして子供の頃に、たとえば強い寂しさを感じると、大人になっても
それを引きずるケースが多いのではないかとも思います。


しかもその寂しさというのはかなり大きなものなので、それを何らかの
形で埋めようと(無意識のうちに)するのが自然な人間心理なはず
なんですが、

「エッチしている間は寂しさがまぎれるような気がするから」などの
理由で、セッ●スに対して積極的になる女性が、いま実際に多い気が
するし、これからもどんどん増えてくるんじゃないでしょうか。

いいかえれば、男(とのエッチ)に癒しを求めているわけです。


でも人によってはガードが堅く、ホテルなどに誘ってもすぐには
OKしなかったりもするかもしれないですが、

それでもいったんガードが崩れると、もともと愛情に強く飢えていた
だけに、告白やホテルの成功率がかなり高くなることが多いと思います。


そしていったん男に惚れると、あるいは「あなたとセッ●スしたい」
というくらいに心を許すと、

そこであなたのテクニックが上手ければ、一気にエッチにハマる
可能性が高いのでは?とも思います。


ガードが堅くないとしても、自分が愛情に飢えているということを
彼女自身、自覚してないかもしれません。

だから軽々しくエッチするような女性には見えないし、実際に、
男とHしまくってるわけではない、みたいなケースが多いのかも
しれないですが、

しかしそこであなたが聞き上手で、彼女の”本音の本音”を引き出す
のがうまかったりすると、彼女は

「こんなに話を聞いてもらえて嬉しい」
「もっとあなたに話を聞いてもらいたい」

とか感じる可能性が高くなるはずです。


そうすると、そのぶん落とすのが楽になるし、落としたあと
あなたのエッチが上手ければ、トリコにもなりやすくなります。

人によっては「わたしがこんなにセッ●スが好きだなんて、今まで
気付かなかった!」とすら思うのかもしれないのですが、

『聞き上手がモテる』理由のうちの一つは、このへんにもあるのでは
ないかと思っています。
posted by masa at 23:54 | Comment(0) | 恋愛全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事が役に立ったと思われたら、こちらをクリックしてランキングアップにご協力いただけるとありがたいです!↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

↓メルマガ登録で、このブログの最新記事をチェック!



ブログには書かない極秘ネタをポロっと書いちゃうことも多いので必見です。



☆会話について、さらに深くて高度なことを知りたいあなたはこちら

7日間集中・無料プチ腹黒恋愛術セミナ

「女性のプライベートを丸裸にする”ある一言”」など、女性との会話力をグンと上げるための記事が満載の無料セミナです。


【サイトマップ】

・恋愛基本編
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。